news

 
 

2016/09/11 Blog 東京教室の準備

東京教室の準備をしています。

 

今週はシンガポールは連休なので、

刺繍枠作りを進めています。

 

今日と明日でまだまだ作ります。

ミシンも3日間フル活動です。

 

天気もとても良いので、綺麗に張ることができました。

 

こういう準備も楽しくて大好きです。

 

2016/09/08 Blog 【生徒様の作品】プラナカンビーズシューズ (伝統図案、プラナカンローズ)

 

『片面が終了しました』

 

生徒様から片面側の完成のメールとこちらの写真を送って頂きました時、「なんて綺麗な刺繍を作られたんだろう」と手の動きをやめて、まじまじと見つめていました。

 

前後左右、左右対称にと少しのズレも感じない刺繍。

一定のリズム感。

 

どれほどの神経や集中力をお使いになったのか。

 

感動しました。

 

海外でご製作されている生徒様。

 

レッスン参加をせず、キットと説明書のみで進めて頂いています。

このようなご縁をいただき、ありがたく思っています。

 

また経過を拝見させて頂きますのを楽しみにしています。

 

■掲載許可を頂いた生徒様の作品をご案内しております。

 

2016/09/03 Blog Spoonfulさんとのプラナカンイベント 第一回目

昨日は料理イベント会社「Spoonful」主催の「プラナカンビーズ刺繍キーチェーン製作」のイベントでした。

 

ご参加頂きました皆様、お越し頂きまして誠にありがとうございました。

 

皆様と和気あいあいと楽しい時間を過ごさせていただき、

参加者全員様が時間内にきっかり完成され、感動しました。

 

これをきっかけにプラナカンやプラナカンビーズ刺繍の事に興味を持っていただけたら幸いです。

 

次回は10月1日(土)に2回目のプラナカンビーズ刺繍コースとしまして、

ペンダントヘッド製作を行います。

昔のフランス製の台座を利用した可愛いものです。

 

ご興味のある方はSpoonfulさんのサイトよりご確認ください。

 

 

 

2016/08/30 Blog 【生徒様の作品】カードケース、ペンケースなど

東京教室とシンガポール教室に通って頂いた生徒様の作品です。

 

とても丁寧に心を込めてプラナカンビーズ刺繍をしていただき

ペンケース、カードケースになり、無事に作品が完成しました。

 

こちらの生徒様の作品には、

現代の世界中に存在するどのグラス工場でも生産することができない、

希少グラスビーズが含まれています。

 

1800年代にヨーロッパからシンガポールに渡り

クレトンマンと呼ばれた専門家が、プラナカンの邸宅だけに訪問販売をしていた時のビーズ。

 

市場に出回ることも、店頭に置かれることもなく

Manek Potong(マネック・ポトン)という名前でプラナカン家庭の子女がプラナカンビーズ刺繍をする時にだけ使われてきました。

 

シンガポールのプラナカンのご家庭では、

今もなおManek Potongを金庫に入れて大切に扱っている方もいらっしゃいます。

 

Manek Potongの希少価値はもちろんのこと、

数百年前までは外貨取得のための製造されていたグラスビーズだったため、

現代で生産することのできないManek Potongは金銭以上の価値があると十分認識されていらっしゃるのだと思います。

 

私自身も昔に生産されたManek Potongには、格別の思いを持ち、敬意を払って扱ってきました。

 

ビーズに敬意を払う。

 

少しおかしな話かもしれませんが

世界で一番小さな最小サイズのビーズが潜り抜けてきた長い歴史のことや、

現代に存在してもなお光り続ける姿に、ビーズが持つ生命力みたいなものを感じることがあります。

 

プラナカンビーズ刺繍に使う昔からの道具を受け継いだとしても

針は錆び、糸は朽ち果て、使用することができない材料が多い中

Manek Potongだけは色あせることも、朽ち果てることもなく、きらきらと静かに輝いています。

 

何世紀も前から、ヨーロッパの山脈地帯の小さな山小屋で手作業で作られていた時から、現在に至るまで変わることなく。

 

Manek Potongを熱く語っていると、何時間も話してしまうので

教室内では気を付けたいと思います・・。長々すみません。

 

長くご愛用いただけるよう、ペンケースやカードケースは

牛本革、そしてミシンを使わない手縫いで一針一針丁寧に仕立てています。

 

とても思い出深い生徒様の作品です。

 

また、東京教室でお目にかかりますことを楽しみにしています。

 

■掲載許可を頂いた生徒様の作品をご案内しております。

 

2016/08/27 Topics 10/9(日) 追加教室 ◆すでにレッスンを受講いただいている生徒様向け◆

プラナカンビーズ刺繍教室-PBS ATELIER-をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

 

シンガポール教室の開催日を追加開催させていただくことになりましたので、お知らせさせて頂きます。

 

日時:2016年10月9日(日)

時間:14:30-17:30(3時間)

場所:7500 Beach Road ,Park Royal Hotel Singapore 199591
   Park Royal Hotel 1階 四川豆花 Tian Fu Tea Room

 

【対象の生徒様】

・シューズ製作コースの2回目を受講希望

・パース製作コースの2、3回目を受講希望

 

受講中の生徒様で以下の確認をされたい方のお立ち寄りも受付しております。

 

・シューズ製作コース受講中でビーズ変更・相談

・新しいシューズ製作の図案選択

・製作経過中の刺繍面の確認

 

現在空きのある教室開催日(シンガポール教室)は11月と12月のみとなっており、お席が取りにくくなっております関係で、10月9日(日)に追加設定をさせて頂くことになりました。

 

メールにてお知らせいただけますようお願い申し上げます。

 

admin@pbsatelier.com

 

ご迷惑おかけしまして誠に申し訳ございません。

 

皆様の刺繍経過を拝見しますのを楽しみにしています。

category
All
Topics
Blog
Arcaive

2017年(73)

2016年(102)

2015年(5)