news

 
 

2016/10/03 Blog 【生徒様の作品】プラナカンビーズシューズ (2羽の鳥)

デザイン立ち上げ当初から人気の図案「2羽の鳥」

 

2羽の鳥が話しているような、仲良くしている様子を表現してみました。

 

婚礼用シューズとしての背景を持つ、プラナカンビーズシューズ。

 

デザインに利用されるものには、”対”や”偶数”といったプラナカンにとって

縁起のよいとされるものが取り込まれてきましたので、

それを表現したデザインになっています。

 

こちらの写真は現在製作中の生徒様の作品です。

 

先日、刺繍経過の写真をお送りいただき、

とても可愛らしい雰囲気になっていること、そして丁寧に進めていらっしゃる

綺麗な刺繍面を拝見し、自分のテンションが上がっていくのを感じました。

 

生徒様には、刺繍が均等に進みやすい技法を取り入れていただいています。

その技法が可能なデザイン、できないデザインがあるのですが

今回はそれが可能なデザインです。

 

刺繍のリズムも完璧でいらっしゃいます。

 

背景にはPBS ATELIERが単独で再生産したオールドローズのビーズも

ふんだんに取り入れて製作いただいており、

生徒様の作品で生き生き輝いているのを見ると、感無量な思いがします。

 

また経過を拝見させて頂きますのを楽しみにしています。

 

■掲載許可を頂いた生徒様の作品をご案内しております。

 

2016/10/02 Blog 東京教室の皆様、日本の生徒様 ありがとうございました

先日9月24日(土)、25日(日)の2日間、東京のお台場で東京教室を開催させていただきました。

 

たくさんの方にご参加頂き、誠にありがとうございました。

 

新しい生徒様も増え、プラナカンビーズシューズ作りを開始される方が増えました。

 

今までの生徒様も、着々とプラナカンビーズ刺繍を仕上げられ

課題を終えてくださり、綺麗な刺繍を拝見できましたことをとても嬉しく思います。

 

新しい作品作りに取り組まれる生徒様

バッグやパースの成型を丁寧に取り組まる生徒様

 

数年前に開始された皆さまが、

こうしてたくさんのプラナカンビーズ刺繍作りに励まれるのを感慨深い思いで見させて頂きました。

 

次回の東京教室は来年の4月22(土)と23日(日)に開催します。

※HPでも受付を始めました。

 

次回は新しいデザインのプラナカンビーズ刺繍が到来しますので、

こちらも楽しみにして頂けますと嬉しいです。

 

それでは、皆様にお目にかかりますことを楽しみにしています。

 

■滞在中には長野に行き、松本城(写真)、真田丸で注目中の上田城へ。

すごい真田丸人気でした。

安曇野では安曇野アートヒルズミュージアムで「早川和明氏のガラス展」、北アルプス展望美術館では「長野キルト展」を鑑賞しました。

美しい自然の中に溶け込むようにある空間でした。

 

2016/09/19 Blog 【週末の教室】9日18日

昨日9月18日は週末の教室@シンガポールでした。

 

ご参加いただきました皆様、お立ち寄り頂きました皆様

シューズを受け取りに来てくださった生徒様

たくさんのご参加を頂きまして誠にありがとうございました。

 

ープラナカンビーズ刺繍額装用

ー木靴のプラナカンビーズシューズ

ープラナカンビーズ刺繍キーチェーン

ープラナカンビーズ刺繍ペンダント

ープラナカンビーズシューズ

 

と多くの皆様に幅広いアイテムでご製作を頂きました。

 

昨日はいくつかの偶然な出会いもあり、

教室内ではわきあいあいと楽しく皆様とお話しながら楽しく過ごさせて頂きました。

 

新しい出会いもあれば、数カ月通って頂いた生徒様とのお別れもあり

海外に住む以上、出会いと別れの繰り返しですが

3時間という短い中でも、皆様とお知り合いになれ、様々なお話ができることを

心から感謝しております。

 

PBS ATELIERの教室に来て頂いて

皆様がその時間を心待ちをしていただけるよう、

そして楽しい時間をお過ごしていただけるように、もっと工夫をしてまいりたいと思います。

 

それでは、また皆様の刺繍経過を拝見できますことを楽しみにしております。

 

ご不明なところがありましたら、どうぞご遠慮なく連絡ください。

 

■今週から東京教室のため日本にまいります。

日本の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2016/09/16 Blog シンガポールの高校生たちの勉強会

シンガポールの若者たちの間でも、着実に広まってきているプラナカンビーズ刺繍。

 

様々なプラナカンビーズシューズの形をご案内しています。

 

伝統的な形から現代の形まで。

 

なぜこのような配色使いなのか、デザインにこの花が好まれた理由は。

 

戦前と戦後の利用ビーズの違いなど。

 

シューズのひとつひとつの形に込められた深い意味をお伝えしていきます。

 

2016/09/13 Topics SJ50認定イベントになりました

今年はシンガポールと日本の外交樹立50年記念年。

 

Spoonfulさんと行わせて頂いているプラナカンビーズ刺繍イベントも

SJ50認定イベントに指定されました。

 

最終回は、9月30日と10月1日になります。

皆様にお目にかかりますことを楽しみにしています。

 

■「日・シンガポール外交関係樹立50周年(2016年)」にふさわしい事業を日本の外務省が幅広く募集し、一定の基準を満たしたものを「日・シンガポール外交関係樹立50周年記念事業」として認定。認定された事業は、各事業の広報媒体に、「日・シンガポール外交関係樹立50周年」の名称及びロゴマークを使用することができるというものになります。

category
All
Topics
Blog
Arcaive

2017年(73)

2016年(102)

2015年(5)