news

 
 

2017/06/28 Topics 東京教室 -10/7(土)

いつもプラナカンビーズ刺繍教室 -PBS ATELIER-のHPをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

次回の秋教室、2017年10月の東京教室(グランドニッコー東京台場ホテル)ですが

現在ほぼ満席となっており、午後2部のみ若干空席があります。

 

正式なご予約をいただきましてからお席の確保となりますので、何卒ご了承くださいませ。

 

ご予約は予約フォーム、またはadmin@pbsatelier.comよりお問合せください。

 

 

【東京教室(季節開催)】

 

◆2017年10月6日(金) 満席

 

◆2017年10月7日(土)

 

午前の部:9:00-11:30 満席

午後1部:13:00-15:00 満席

午後2部:15:45-17:45 募集 ご希望のアイテムで製作できます

 

皆様にお目にかかりますのを楽しみにしています。

 

2017/06/27 Blog ビーズの色彩

シンガポールではアンティークプラナカンビーズシューズの人気が盛り返してきており

最近、修復依頼やアンティークビーズ有無の問合わせをいただきます。

 

今まではプラナカン関連のアンティークで人気のあるものといえば、

貴金属にダイアモンドがあしらわれたクロサン(3連ブローチ)や

Nyonya wareとして有名な景徳鎮の白磁でした。

 

アンティークが「100年以上前のもの」と定義するのであれば、

シューズとしてはまだアンティークとは呼べるものは少ないのですが

100年以上前に製造されたビーズを使用しているシューズは多くあり

「昔はこんなに美しいグラスがあったんだなぁ・・」と美しいビーズの色彩に吸い込まれそうになります。

 

写真のシューズと同じ色のターコイズブルー(極小ワンカットビーズ)は、

今年PBS ATELIERにて再生産が完了し、こちらを利用して製作いただく方も増えています。

 

涼しげな色のビーズが、これから迎える暑い季節の清涼剤になってくれたらと思います。

 

 

2017/06/20 Blog 【生徒様の作品】額装プラナカンビーズシューズ

シンガポール教室に通っていただいた生徒様の作品です。

 

プラナカンビーズシューズの刺繍を終えられ、素敵な額装になった完成写真をお送りいただきました。

 

プラナカンビーズシューズ製作のあるご経験者様でしたが、

素敵なご縁をいただき、PBS ATELIERでプラナカンビーズシューズをご製作いただきました。

 

こちらの図案はご好評をいただいており、たくさんの方に製作いただいていますが

生徒様にはパールオールドローズ色の再生産ビーズをご利用いただきました。

 

ワンカットで更にパール入りということで、刺繍面のきらめきは眩いほどです。

 

教室内ではいつも気さくにお話くださいましたり、随所で色々なお気遣いを頂戴し

ありがとうございました。

 

素敵な出会いのご縁をいただきましたことを、御礼申し上げます。

 

■掲載許可を頂いた生徒様の作品をご案内しております。

 

2017/06/20 Blog 【生徒様の作品】額装プラナカンビーズシューズ

シンガポール教室に通っていただいている生徒様の作品です。

 

プラナカンビーズシューズの刺繍を終えられ、素敵な額装になった完成写真をお送りいただきました。

 

とてもシックな仕上がりで、生徒様のオリジナル感が溢れています。

 

お仕事の関係でシンガポールに赴任され、週末はこのようにプラナカンビーズ刺繍とも向き合われる充実した生活をお過ごしの生徒様。

 

目標通りのスケジュールでプラナカンビーズ刺繍を完成されました。

 

お忙しい日々の中で、スケジュール通りに完成させるというのは簡単にできることではありません。特に2万個もの極小ビーズを縫い付けるシューズ製作は、根気のいるものです。

 

ファースト・プラナカンビーズシューズが完成された現在も、新しい作品作りへ進んでいただいています。

 

またお時間のある時に、教室にも立ち寄っていただけたら嬉しく思います。

 

■掲載許可を頂いた生徒様の作品をご案内しております。

 

2017/06/19 Blog 【週末の教室】6月18日

昨日は6月のシンガポール教室でした。

 

ご参加いただきました皆様、お立ち寄りいただきました皆様

お越しいただきまして誠にありがとうございました。

 

・プラナカンビーズ刺繍コンパクトミラー 「イニシャル」

・プラナカンビーズシューズ 「プラナカンローズ」

・プラナカンビーズシューズ 「プラナカンチェック」

・プラナカンビーズシューズ 「花束」

・プラナカンビーズシューズ 「二羽の鳥」

 

皆様思い思いのアイテムでご製作頂き、とても丁寧な刺繍をご製作いただきました。

 

シューズ製作が進んでいる生徒様も、これから新しくご製作いただく生徒様にも

シンガポールならではの思い出になる作品にして下さったらと思います。

 

■こちらは先週日本で撮影をした菖蒲です。菖蒲の花は風情があって、見飽きないですね。

 

category
All
Topics
Blog
Arcaive

2017年(100)

2016年(102)

2015年(5)