news

 
 

2017/08/22 Blog 額装か靴か

靴にしようと製作をしても、やはり額装にしようと思ったりその逆もあります。

 

製作期間が長いため、気持ちの変化があるのも当然のこと。

 

ご質問も多くいただきますので、私が感じるそれぞれのメリットを記載したいと思います。

 

額装のメリット

 - 今ではなくとも、いつでも靴に仕立てることができる(職人を問わない場合)

 - 刺繍全面を絵のように見せることができる

 - 刺繍糸が汚れにくいため、ビーズそのものの風合いを残すことができる

 - 数十年後も同じ形状を保てる

 

靴のメリット

 - 現役で活躍するプラナカンビーズシューズ専門職人さんに製作してもらえる

 - 刺繍完成後に1回、靴を仕立てるともう1回、計2回達成感を味わえる

 - 選ぶ革色でまったく異なる作品に完成した気分を味わえる

 - 実用履きができる

 - 数回仕立て直しができる(サイズ変更・革色変更など)

 

額装=平面で見せる、靴=立体で見せる、それぞれの美しさがあります。

 

皆さんの感性で、お好きな完成系にしていただきたいと思います。

 

2017/08/12 Blog 8月のシンガポール教室はお休みとなります

8月のシンガポール教室はお休みさせていただいております。

 

教室会場が改装工事に入りますので、9月のシンガポール教室のみ会場が変わります。

会場が確定次第、HP上でもご案内させていただきます。

 

※生徒様やお立ち寄り希望を頂いている皆様には、

個別にメールでご連絡させていただきます。

 

ご迷惑をおかけいたしますが、皆様にお目にかかる日をまた楽しみにしています。

 

暑い夏ですね、皆様、体も心もどうぞご自愛ください。

 

2017/07/25 Blog Mr.Benny Ong 展覧会

少し前のことになりますが、シンガポール出身のテキスタイルデザイナーMr.Benny Ongの展覧会に行ってきました。

 

Mr.Bennyは長年イギリスに在住され

故ダイアナ妃の専属パーソナルファッションデザイナーとして活躍されていた経歴の方。

 

華やかなファッション業界のセンターに身を置いていた方が、

アジアに息づく伝統手工芸に着目し、回帰した作品作りをされてるというのが興味をそそり

彼のキャリアをシンクロさせながら、作品を鑑賞させていただきました。

 

今回のテーマの中にプラナカンビーズシューズがあるということも楽しみの一つでした。

 

シルク糸やゴールドで表現したカットビーズのきらめき、その形や姿も本物に忠実。

 

とても勉強になった展覧会でした。

 

 

2017/07/24 Topics 【週末の教室】7月23日

昨日は7月のシンガポール教室でした。

 

ご参加いただきました皆様、お立ち寄りいただきました皆様

お越しいただきまして誠にありがとうございました。

 

・プラナカンビーズ刺繍コンパクトミラー 「こぎん」

・プラナカンビーズ刺繍キーチェーン 「モザイクブルー」

・ミニピダンガンでのプラナカンビーズ刺繍 「ヴィクトリアン」

・プラナカンビーズシューズ 「二羽の鳥」

・プラナカンビーズシューズ 「花束」

・プラナカンビーズ刺繍 オリジナル創作

 

皆様思い思いのアイテムでご製作頂き、和やかにご製作いただきました。

 

初心者様であった皆様が、様々な製作アイテムの段階を経て、

2作目、3作目と進まれ、ご自身だけでなく、ご家族様やご友人様用にというお姿を拝見し

作品作りのお手伝いをさせていただきますのを、改めて嬉しくありがたく思います。

 

また皆様にお目にかかれますのを楽しみにしております。

 

■現在10月まで教室は満席となっており、ご迷惑をおかけしております。

 

2017/07/19 Blog BESPOKE SHOES

BESPOKE SHOESが完成しました。(ようやく・・)

 

LESSONページのSUSTAIN(上級者コース)の「ビスポーク・プラナカンビーズシューズコース」は、

プラナカンビーズシューズやプラナカンビーズ刺繍を完全マスターされた上級者様向けの、創作活動コースとして設定しています。

 

お好きなようにデザインをし、テーマカラーを決め、シューズに合わせた素材選びから始まります。

 

基本のプラナカンビーズ刺繍のステッチの他、他の刺繍ステッチも入りますので

極小ビーズ以外のビーズの組み合わせが可能です。

 

製作のハードルも上がりますが、プラナカンビーズシューズ製作の総仕上げとして、

更なる楽しさを追求いただきたいと思います。

 

※ビスポーク(BESPOKE)=テーラーメイドのシューズ

category
All
Topics
Blog
Arcaive

2017年(100)

2016年(102)

2015年(5)