news

 
 

2016/06/01 Blog 織物づくり in タイ 

今日から6月。

今年もすでに6月…というのが驚きです。

 

先週よりタイに行っていました。

 

シンガポールからは飛行機で2時間半。あっという間の隣国です。

 

今回のハイライトは、前からの憧れであったタイ織り。

タイ織りストールを作ってきました。

 

タイシルクがより合わさった綺麗な糸を使って、ひとおり、ひとおり。

 

想像通り、とっても楽しく

予定の時間を延長して

もう一枚のストール作りに挑戦。

 

計12時間、飲まず、食べずで織りを続け

1.6mのストールを2枚。

 

次回はラオスの織り物をやってみたいなと思っています。

 

2016/05/24 Blog 【生徒様のオリジナル作品】とっても小さなプラナカンビーズシューズ

『とっても小さなプラナカンビーズシューズ』

多くの生徒様に製作いただけるアイテムになりました。

 

見た目以上に刺繍ボリュームが多いですが

お靴に仕立てると刺繍面はかなりこじんまりします。

 

そのため、この小さな数センチの世界の中でどう絵を表現するかが重要なポイント。

それこれがプラナカンビーズシューズの醍醐味じゃないかと思います。

 

こちらの写真の素晴らしいシューズは、大変ご熱心な生徒様の作品です。

 

青いバラはPBSのデザインで、

そして赤いバラは生徒様が立ち上げられたデザインです。

 

立体感を十分に表現できるよう細部に及ぶまでデザインをお考えになり、

そのデザインが最大限に引き立つようにビーズの配色を選ばれました。

ビーズをお選びいただくお姿は毎回真剣そのものでした。

 

そして、PBS ATELIERの教室ではお二人目の

”全面カット上向き”の刺繍。

 

昔のニョニャ(プラナカンの女性)はカット面を意識され

全面カット上向きのシューズをよく作られてきました。

 

その頃のビーズは1世紀前に生産されたイタリア産の角ばったビーズ。

現代のものより上向きにしやすいという特性がありました。

 

現代のヨーロッパ産のカットビーズはラウンド型。

強い意志がありませんと、ビーズが転がってしまって

一つ一つのビーズを上向きにすることは容易なことではありません。

 

私の写真技量では伝わらないのが申し訳ないのですが

180度どこから見てもキラキラときらめくシューズの存在感はまるで宝石のようです。

 

刺繍が完成された時は、カット面が動かないように

化粧箱に入れてお渡し下さる徹底ぶりでした。

 

そのような生徒様のご姿勢からは、

プラナカンビーズ刺繍に対する熱意とともに、

イメージされたデザインを忠実にビーズで再現するという強い思いが伝わりました。

 

私も初心に戻るような思いがしました。

 

また生徒様の独創的なオリジナル作品を拝見できますことを

とても楽しみにしております。

 

■掲載許可を頂いた生徒様の作品をご案内しております。

 

2016/05/23 Blog 【週末の教室】5月

昨日は、5月のプラナカンビーズ刺繍教室@シンガポールでした。

 

ご参加いただきました方、お立ち寄り頂きました方

なつかしい皆様、キット購入に来てくださった皆様

ご足労いただきまして、誠にありがとうございました。

 

皆様、もくもくと綺麗に刺繍を進めていただきました。

カット面も意識され、遠くからもきらきら輝く刺繍を見ることができました。

そんな中、ばたばた落ち着かない人がひとり・・(私)

お詫び申し上げます・・。

 

6月より開催日を順次増やし、

おひとりおひとりに、もっと時間配分ができるよう教室形態を見直します。

 

*************************

6月は19(日)の他、26日(日)も

教室開催日を増やしました。

教室開催の年間カレンダーはこちらです。

*************************

 

昨日はたくさんの生徒様にプラナカンビーズ刺繍の完成作品をご持参いただきました。

 

拝見するときは、それはとても華やかで拝見するのはその瞬間のみですが

何十時間や100時間以上にも及ぶ刺繍作業があってのこと。

 

プラナカンビーズ刺繍が美しいのは、ビーズの存在以上に、

皆様が費やされた時間や努力に値するものが宿っているからです。

 

靴や額装のお仕立てが完了するまでは

生徒様の分身ともいえる大事な刺繍、大切にお預かりいたします。

 

そして、

教室の奥に静かに飾らせて頂いた、トラディショナルプラナカンビーズ。

 

ワンカットの15/0, 0.9m~1mmの極小サイズ。

希少色。半世紀以上ぶりの再生産で復活しました。

 

このビーズを扱うのは世界でもPBS ATELIERのみです。

そして、今後も継続生産できるかは本当に未知の領域。

 

現在手元にあるうちは、この魅惑的なビーズを最高に引き立たせるデザインで

プラナカンビーズ刺繍を思いっきり楽しんでいただきたいと思っています。

 

ご希望の方はメールにてお問い合わせください。

 

タイトル『半世紀ぶりの再生産ビーズで作るシューズ』

admin@pbsatelier.com

 

2016/05/17 Blog 【4-5月キットのご紹介】翡翠色ビーズなど利用

新緑、夏に向けたさわやかプラナカンビーズ刺繍のキットのご紹介です。

 

以前ブログに掲載させて頂いた時に、多くのご希望を頂戴しまして

東京教室でも完売、お問い合わせが増えてきましたので、3つのキットをご用意させて頂くことになりました。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

現在、教室会場での販売となっていますが、国内・国際郵送も承っております。

シンガポールでは今後どこかのショップに置かれる予定もありますので

在住者様、観光客の皆様にぜひお手にとって見ていただけたら・・と思っています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

(写真左下)

【赤のバラx翡翠色 プラナカンビーズ刺繍合皮キーチェーン】

サイズ:刺繍面直径2cm(金具を含めたキーチェーンの長さ8.5cm)

製作時間:約4時間

 

サンゴ色のビーズでバラをあしらっていますが、よく見ると内部には

さくら色のグラスビーズ。背景の翡翠色のビーズとともに約100年前のフランス製アンティークビーズです。

ずっと眺めていたくなります、と生徒様からお言葉を頂戴しましたが

私も同じ気持ちでふとした時に眺めてしまいます。

曇った翡翠色の製造技術。もうこの世に存在しないグラスビーズが成せる技でしょうか。

 

(写真右下)

【黄色のバラxブルー プラナカンビーズ刺繍合皮キーチェーン】

サイズ:刺繍面直径2cm(金具を含めたキーチェーンの長さ8.5cm)

製作時間:約4時間

 

黄色とオレンジのバラに、背景は曇った群青色のビーズで。

翡翠色ビーズと同じように約100年前のフランス製アンティークビーズです。

これから迎える夏に向けて、さわやかなイメージにしてみました。

 

(写真上)

【額装用プラナカンビーズ刺繍】

サイズ:刺繍面6cm四方(額横14cm x 縦13cm)

製作期間:1週間~

 

プラナカンタイルのデザインにヴィクトリアン調の曲線を入れています。

ビーズ刺繍を進めていて気付いたのですが、

刺繍面が完成するとなぜか本物のプラナカンタイルのように見えるので不思議です。

こちらは6cm四方で、小さな額もついていますので完成したらすぐに飾って頂けます。

写真のエメラルドグリーンのほか、赤・ピンク・黄・ターコイズブルー・黒と6種類よりお選びいただけます。

 

 

こちらの3つの共通点は、『とにかく作っていてとても楽しい』ということです。

もちろんプラナカンビーズシューズなども楽しいですが

短時間で完成できるという点が大きいと思います。

また、希少なビーズを使ったパステル調の配色に・・・心がときめきます。

 

※レッスンで作っていただけるコースもご用意しています。

キットご希望の方は教室会場(開催日はこちら)に直接お越しいただくか、

配送希望はメールでお問い合わせいただければと思います。

 

email: admin@pbsatelier.com

 

 

2016/05/13 Blog 拡張工事完了です

全面刺繍のプラナカンビーズ刺繍パース(パーティーバッグ)。

 

ふっくらマチの部分を作りたくて

一度成型したパースを解体し、刺繍部分を拡張しました。

 

数cmだけの拡張なのに、さらに1万個以上のビーズも使用しましたが

開閉もしやすく、収容量も多くなり満足です。

 

全面刺繍でマチ付きのプラナカンビーズ刺繍パースは

本当に贅沢だと思います。

 

プラナカンビーズシューズでも弱2万個のビーズを使用しますが

パースはシューズの3-4足分にもなり、

マチで隠れてしまう部分も多いので、贅沢な美術品になります。

 

そして、完成したときの達成感もひとしお。

 

恐らく今後も使うことなく、

ガラスケースにしまっておくことになりそうです。

 

■プラナカンビーズ刺繍パース製作はこちらよりお申し込みいただけます。

category
All
Topics
Blog
Arcaive

2017年(95)

2016年(102)

2015年(5)