news

 
 

2017/10/13 Topics 【東京教室】10月6-7日開催 ありがとうございました

先週末10月6日-7日と、グランドニッコー東京台場にて

東京教室を開催させていただきました。

 

多くの方にご参加いただき、お立ち寄りいただきました皆様

誠にありがとうございました。

 

今回は多くの方の御仕立て済みのプラナカンビーズシューズを

教室内でお渡しさせていただきました。

 

昨年度の春や秋に、シューズ製作コースでプラナカンビーズ刺繍を取り組んでいただいた皆様が

1年後にプラナカンビーズシューズとしてお渡しできたことを、心から嬉しく思います。

 

次回の東京教室は次年度春になります。

 

2018年4月22日(日)に数名様の新規ご参加(プラナカンビーズシューズコースのみ)を募集をしております。

ご希望の方はこちらよりお問合せください。

 

 

2017/09/22 Blog 【生徒様の作品】本革ポーチ "PLANTS"

こちらの作品も金魚のポーチをご製作された生徒様の作品です。

 

東欧刺繍の図案を用いた、ボリュームのある刺繍サイズですが

とても丁寧に仕上げていただき、大きなポーチになりました。

 

金魚と東欧刺繍 (PLANTS)の同時完成作品です。

 

生徒様のご熱心な創作意欲には頭が上がりません。

 

マチも広々で、とても使いやすそうなサイズをご希望いただきました。

 

想像以上に軽いのですね、とご感想をいただきましたが

型押しタイプなのに軽量で、傷がつきにくため、実用にはとてもお勧めです。

 

ミシンを使っていないので、手縫いによるやわらかさも出ています。

 

世界で一つだけの生徒様の素敵なポーチになりました。

 

■掲載許可を頂いた生徒様の作品をご案内しております。

 

2017/09/21 Blog 【生徒様の作品】本革ポーチ "金魚"

シンガポール教室に通っていただいている生徒様の作品です。

 

これまで数々のプラナカンビーズ刺繍の作品をご製作いただきましたが

実用的なアイテム用の刺繍をということで、複数点仕上げていただきました。

 

少し大きめのポーチをご製作されたいとのことで

それに合わせた金魚の図案の刺繍です。

 

背景の水面は、生徒様のご考案で

透明水色と透明青色のビーズを2色使いをされ水深を表現されました。

それにて水が綺麗に漂っているような美しい見せ方をしております。

 

仕上がりを拝見させて頂きましたときは、あまりの美しさに

本物の金魚が泳いでいるような感じでした。

 

刺繍もいつも通りでとても丁寧に仕上がっておりますが

ひとつひとつのビーズを大切に扱っていただいているお姿が目に浮かびます。

 

きっと生徒様のことですので、こちらのポーチも大切になさることと思います。

 

現在の刺繍も経過を拝見させていただきますのを楽しみにしております。

 

 

■掲載許可を頂いた生徒様の作品をご案内しております。

 

2017/09/20 Blog 【生徒様の作品】とっても小さなプラナカンビーズシューズ

東京教室に通っていただいている生徒様の作品です。

 

手のひらにおける「とっても小さなプラナカンビーズシューズ」

 

とてもさわやかなブルーのシューズに仕上がりました。

 

背景は生徒様のアイディアでクロスのブルー、

お選びいただいた青い本革ともとても合っています。

 

いつも丁寧にカット面も上に向けた刺繍をいただき

大変な時間をおかけになったことが伝わります。

 

さまざまな作品のご製作をされていますので、

また経過を拝見させていただきますのを楽しみにしております。

 

また日本でお目にかかりますことを楽しみにしております。

 

■掲載許可を頂いた生徒様の作品をご案内しております。

 

2017/09/19 Blog 【生徒様の作品】プラナカンビーズシューズ (ヴィクトリアン)

シンガポール教室に通っていただいている生徒様の作品です。

 

経験の豊富なシンガポール人生徒様より

お仕立てに進まれる前の完成写真をお送りいただきました。

 

ご自身の履かれたいシューズの形にするため、少しフォームを変え

トリミングもメリハリのある配色になっています。

 

いつも高い向上心をお持ちで、作品をさらりと作ってしまう生徒様。

お仕立て後のお写真も楽しみです。

 

PBS ATELIERでは日本人の生徒様を始め、シンガポール人、外国の生徒様など

多国籍の生徒様が集まる教室になってまいりました。

 

皆様が希望する色味やシューズの形など、本当にさまざまで

生徒様の世界観をなるべく取り入れた作品作りのサポートをさせていただきたいと思っています。

 

■掲載許可を頂いた生徒様の作品をご案内しております。

category
All
Topics
Blog
Arcaive

2017年(95)

2016年(102)

2015年(5)