news

 
 

2017/04/29 Blog 伝統工芸工房の見学や個展の鑑賞

プラナカンビーズ刺繍教室(東京教室)開催の一時帰国に合わせて、

伝統工芸に携わる職人さんの工房や個展などにも立ち寄らせていただき

たくさんの方々とお話をする機会をいただきました。

 

長い滞在日数も、全国いろいろ回っていたらあっという間でした。

 

お目にかかることができた皆様に

心より御礼申し上げます。

 

個展では、様々な活動をされる方にお話をお伺いできましたり、

草間彌生先生の版画展にもお邪魔しました。

 

伝統工芸品では、シンガポールのギャラリーでも注目されている

山葡萄やあけびのつるで作られた籠工芸や

天然染で作った布で服を作る職人さん

そして曲げわっぱの柴田慶信先生にもお目にかかり

日本の優秀なものづくりの職人さんたちのお話は何時間でも聞いていたくなり

時間が足りない思いでした。

 

数年前から修復や製作をいただいている伝統工芸品がいくつかあるのですが

採取から製作まで季節を待ち、すぐに製作できないところに改めて魅力を感じます。

 

その土地で育った草木や風土を活かして、ものづくりをし

デザインや工夫を取り入れて、楽しみや質を高めていくのは日本ならではですね。

 

 

2017/04/25 Blog 4/22-4/23 2日間 東京教室開催

4月22日(土)、23日(日)の2日間は東京・お台場のグランドニッコーにて

プラナカンビーズ刺繍教室@東京教室を開催させていただきました。

 

午前、午後の部、夕刻の部など2日間で計5部

 

計41名の皆様にご参加いただきました。

 

1回目から参加いただいている多くの生徒様はじめ

新しい生徒様や、これから製作予定の皆様

シンガポール教室に通っていただいた生徒の皆様にご参加いただき

誠にありがとうございました。

 

そして

 

完成されました作品や、製作中の作品が教室内で展開され

まるで美術館のコレクションを見ているような気分、と

多くの生徒様に言っていただきましたが、まさにそのような空間でした。

 

生徒様の立派な作品の数々を改めて拝見し

希少なアンティークビーズや15世紀のコンテリエ

再生産してきた世界極小ビーズが、皆様の手によって紡がれ

作品として出来上がっていく過程に携わらせていただくことを

改めて光栄に思います。

 

たくさんのプラナカンビーズ刺繍や美しい希少なビーズに触れ

明日への活力になってくださったら幸いです。

 

改めて皆様に御礼申し上げます。

 

今回は今まで以上に多くの方にご参加いただき

開催中に至らないところも多く、反省点がたくさんありました。

 

改善を重ねて参りますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

■お台場は東京オリパラ開催関連の予定地になっているようです。

これから様変わりしていくようですが、お台場から眺める東京はいつ見てもいいなと思います。

 

2017/04/20 Blog BURBERRY night

英ブランドのBURBERRYさん主催のイベントにて、

 

BURBERRYの皆さんや他業界の人たちとお話し、とても新鮮な気持ちになり

リフレッシュしました。

 

週末の東京教室をとても楽しみにしています。

 

日本の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

2017/04/19 Blog 【生徒様の作品】とっても小さなプラナカンビーズシューズ

シンガポール教室に通っていただいている生徒様の作品です。

 

可愛すぎて・・・いつまでも眺めていたい

そんな、とっても小さなプラナカンビーズシューズに仕上がりました。

 

完成刺繍を受け取りました際は、仕立てるのが少しもったいないと感じるほど

丁寧な刺繍面を製作をされました。

 

カット面も多く上に向いていて、キラキラ輝いています。

 

カット面のひと手間はなかなか簡単なことではありませんが

全体の印象もここまで違うことを改めて感じさせていただきました。

 

お選びになった黄緑色の革色も、今の季節らしく春のようなさわやかさです。

 

素敵なシューズを製作いただき、ありがとうございます。

 

またお目にかかりますことを楽しみにしております。

 

■掲載許可を頂いた生徒様の作品をご案内しております。

 

 

2017/04/16 Blog 【週末の教室】4月15日

本日は4月2回目のシンガポール教室でした。

 

ご参加いただきました皆様、お越しいただきまして誠にありがとうございました。

 

・プラナカンビーズ刺繍キーチェーン

・プラナカンビーズ刺繍ペンダント

・プラナカンビーズシューズ 「再生産ビーズ利用 ヴィクトリアン」

・プラナカンビーズシューズ 「再生産ビーズ利用   ヴィクトリアン」パール

・プラナカンビーズシューズ 「プラナカンチェック」

 

などなど、皆様思い思いのアイテムで幅広くご製作頂きました。

 

新しい作品をはじめられた生徒様や

刺繍がぐんと進まれた生徒様の作品を拝見でき

そして何より教室内では楽しく会話をいただき、

皆様のおかげで教室が成り立っていると改めて感じております。

いつもありがとうございます。

 

また、仕立完成となったシューズを取りに来てくださった生徒様、

キットをご購入いただきました生徒様

誠にありがとうございました。

 

皆様が楽しい時間をお過ごしいただけたらなら、幸いに思います。

 

次回のシンガポール教室は5月14日(日)、21日(日)の開催となります。

 

また、今週から2週間ほど日本に滞在いたしますが

お申し込みやメールは適宜確認し、返信させていただきます。

 

■写真は4月中のシンガポール教室で製作を開始された生徒様たちの刺繍枠。

これからビーズがひとつひとつ縫い付けられて、どんな姿を見せてくれるのでしょうか。

とても楽しみにしています。

category
All
Topics
Blog
Arcaive

2017年(99)

2016年(102)

2015年(5)