news

 
 

2016/05/11 Blog PBSオリジナル ヨーロッパ産プラナカンビーズ(カットビーズ)

こちらの”あじさい”のプラナカンビーズシューズ。

 

昨年から続けていますが、今年に入ってまったく手がつけられず。

 

でも、ビーズ刺繍をしていなくても、眺めたり、ビーズ刺繍面を触っているだけで

嬉しい気持ちになります。

 

使うビーズも美しく、デザインも可愛らしいので手元にあるだけで何だか嬉しい、

そんな気持ちにさせてくれる作品作りを心がけてまいりたいと思います。

 

そして、この数ヶ月間。

 

PBS ATELIERで独自に生産した

新しいヨーロッパ産のカットビーズを使ったデザイン作りに取り組んでいます。

 

ビーズ生産は最初のやり取りから既に3年強が経過しましたが、

念願の極小カットビーズのプラナカンビーズ。

 

「ビーズは○日後にシンガポールに届きます」と

ヨーロッパの生産会社から連絡を受けてから到着するまで、

毎日どきどきしながら過ごしていました。

 

実際、予定時期よりかなり早くシンガポールに到着したときには、

ずっしりした重さに、生産をする難しさを改めて実感しました。

 

 

ほしい色味があっても、原料がなければ生産できないのが極小のプラナカンビーズ。

 

生産できることが分かっても、契約までの道のりはとても長いものでした。

 

 

到着したときは、すぐに空けることができず

色々な思いが巡ってしまい、到着した翌日にそっと箱を開けてみました。

 

ビーズの色、形、輝き、ひんやりした温度を数日に渡って確認しました。

本当に素晴らしいビーズができた・・と、感無量な瞬間でした。

 

この美しいビーズをより、さらに美しく見せれるように、

図案作りにはもう少し時間を頂きたいと思います。

 

このビーズのお披露目ラウンチは

5月22日(日)のシンガポール教室で行わせていただきたいと思います。

 

ぜひ、楽しみにお待ちいただけたら嬉しいです。

 

2016/05/10 Blog 野原に咲く花のブーケ作り

『イギリスの野原に咲く花』をブーケにするというワークショップに参加してきました。

 

シンガポールに野原はほぼほぼなく

公道や道端に咲いた花々は政府が管理をしているので

勝手に摘むことはできません。

 

控えめでやさしい色合いの花々や多年草を

野原から摘んできたように自然なブーケを作る、というワークショップはとても新鮮でした。

 

偶然にも・・・

今回新しく再生産をしたカットビーズと同じ色のお花もあり

このお花と本当に同じ色になったな・・・と心の中で感慨深く思ってみたり。

 

生産会社とやり取りした時にも表現に用いたお花。

 

私にとっては大事なお花になりました。

 

そして、見事、野原から摘んできました状態のブーケになりました(笑

 

 

 

 

 

 

 

2016/05/06 Blog プラナカンビーズ刺繍パースの大工事

一度パースに仕立てた作品を

思うところあって、拡張工事をしています。

 

各数cmづつ上下左右に拡張するだけでも、ビーズの数は1万個以上。

シューズの片足が簡単にできてしまうほどの量です。

 

新しい作品も取り組みたい、放置している刺繍も終わらせたい、

なかなか前に進みそうで進まない自分の刺繍作品が増えています。

 

2016/05/03 Blog 心休まるようなプラナカンビーズ刺繍

『森』をテーマにしたプラナカンビーズ刺繍のキットを準備しています。

 

作る方も、使う方にも心休まるようなひと時になれば・・・と思っています。

 

category
All
Topics
Blog
Arcaive

2017年(95)

2016年(102)

2015年(5)