news

 
 

2016/02/13 Blog シンガポールの慣わし”太歳”について

旧正月のお休みも明けて、シンガポールの街が徐々に始動し始めました。

シンガポールや周辺国にお住まいの方は、どのように過ごされましたでしょうか?

 

旧正月は日本のお正月に当たりますので、

日本人が神社に行くように、シンガポールの人々は寺院に祈願に行きます。

 

一部の寺院では、旧正月の2日目から「太歳(たいさい)」に関する祈願が始まります。

 

太歳(たいさい)とは聞きなれない言葉ですが、

その年の「干支」になる生まれ年の人が、太歳にあたると言われます。

 

※厳密には太歳の干支の星とは逆に位置する干支も関連すると言われ

今年は申年、猪年、寅年、へび年が対象ということになるそうです。

内容が複雑なため、簡素な説明しかできず恐縮です。

 

太歳中に災いがおきないよう

旧正月中に祈願に行くことを進められ、心機一転新たな気持ちで1年をスタートさせます。

 

日本でいう厄除け・厄払い祈願に近いものでしょうか。

 

旧正月~14日間は太歳のお祓いが市内寺院で執り行われていますので、

興味のある方は立ち寄られてみてください。

 

ちなみに、情報を得た寺院「Thian Hock Keng Temple」は海の神様が祭られており

海を越えてシンガポールでビジネスや生活をする外国人にも

祈願には行きやすい寺院です。

 

情報箇所:タンジョンパガーのThian Hock Keng Temple

(祈願費用 S$2+お布施〈年齢に相当する額 例:45歳=S$4.5以上〉)

 

2016/02/11 Blog 【生徒様の作品】プラナカンビーズ刺繍のショルダーバッグ

プラナカンビーズ刺繍の可能性を大きく広げてくださる

とても素敵な生徒様の作品のご紹介です。

 

『プラナカンビーズ刺繍のショルダーバッグ』と

おそろいの『お財布』。

 

すでに数多くのプラナカンビーズ刺繍の作品を手掛けられてきていらっしゃいますが

「日常使いのできるバッグを製作したい」というご要望を頂きました。

 

東欧幾何学模様の図案製作、ビーズ選定、バッグ成型のご相談をさせて頂き

いつもながらのとても早いピッチで、丁寧に刺繍を完成され、

この度、とても素敵なショルダーバッグに仕立てられました。

 

プラナカンビーズ刺繍はシューズや額装にすることが多いのですが

日常使いのアイテムにしますと、愛着もひとしおかと思います。

 

いつもたくさんのアイディアをお持ちで

「こんな感じのものを作れませんか?」と気さくにお声がけをくださる生徒様。

そんな生徒様の作品作りに携わることができ、とても幸せに感じております。

 

本当に素敵なバッグ、お財布を製作されました。

また、作品を拝見させていただくのを楽しみにしております。

 

■掲載許可を頂いた生徒様の作品をご案内しております。

 

2016/02/02 Blog シンガポールは旧正月を迎えます

コットンリネンにビーズ刺繍をしています。

 

少し目が細かすぎるリネンですが、

何とかカウントしながら製作中。

 

今週からシンガポールは旧正月に入ります。

(2月6日~2月9日まで連休です)

 

厳密にいうと、今年は2016年2月8日が元旦(申年が開始)、

2017年1月27日が大晦日(申年最後の日)となるようです。

 

シンガポールで2回も迎えるお正月は、以前は変な感じもしましたが

周りのムードに流されること十数年、すっかりなじんでしまいました。

 

旧正月中にのんびり取り組みたいと思います。

 

category
All
Topics
Blog
Arcaive

2017年(95)

2016年(102)

2015年(5)